テクニカル辞典 − オシレータ系データ

VR 【ボリュームレシオ】【Volume Ratio】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。
※赤ラインが「VR1」、青ラインが「VR2」になります。

ボリュームレシオとは、出来高の変化を計算するオシレータ系指標です。

ボリュームレシオには、「VR1」と「VR2」の2種類があります。
計算期間として指定する期間は、26日間が一般的に利用されています。

■「VR1」計算方法

VR1 = ( U + S ÷ 2 ) ÷ ( D + S ÷ 2 ) × 100

U = 期間内で株価が前日比で上昇した日の出来高合計

D = 期間内で株価が前日比で下落した日の出来高合計

S = 期間内で株価が前日比で変動しなかった日の出来高合計

※「VR1」は0%〜無限大の値となります。通常70%〜250%の範囲で推移すると考えられています。そして70%以下では安値圏、250%以上では高値圏と判断します。

■「VR1」考え方

シグナル1

「VR1」が70%以下で買い。

シグナル2

「VR1」が250%以上で売り。

逆行現象

「VR1」が70%以下(250%以上)のとき、株価と「VR1」が逆に動けば、トレンド終了を示すシグナルと考えます。

■VR2計算方法

VR2 = ( U + S ÷ 2 ) ÷ ( U + D + S ) × 100

U = 期間内で株価が前日比で上昇した日の出来高合計

D = 期間内で株価が前日比で下落した日の出来高合計

S = 期間内で株価が前日比で変動しなかった日の出来高合計

※「VR2」は0%〜100%の値となります。通常30%〜70%の範囲で推移すると考えられています。そして30%以下では安値圏、70%以上では高値圏と判断します。

■「V2」考え方

シグナル1

「VR2」が30%以下で買い。

シグナル2

「VR2」が70%以上で売り。

逆行現象

「VR2」が30%以下(70%以上)のとき、株価と「VR2」が逆に動けば、トレンド終了を示すシグナルと考えます。

「VR1」と「VR2」の違いについての詳細はこちらをご覧ください。