テクニカル辞典 − オシレータ系データ

RSI 【アールエスアイ】【相対力指数】【Relative Strength Index】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

指定期間の株価変動から、現在株価の割高・割安水準を判断する指標です。

計算式上、0%〜100%の値となります。
通常30%〜70%の範囲を推移するのが一般的と考えられています。

計算に用いる指定期間は、14日や25日間が一般的によく用いられます。

■計算方法

RSI = ( 上げ幅合計 ÷ ( 上げ幅合計 + 下げ幅合計 )) × 100

■考え方

シグナル1

RSIが70%以上で売り。

シグナル2

RSIが30%以下で買い。

逆行現象

株価上昇にも関わらず、RSI70%以上かつRSIが下落に転じ始めた時、上昇トレンドはまもなく終了と判断します。

株価下落にも関わらず、RSI30%以下かつRSIが上昇に転じ始めた時、下降トレンドはまもなく終了と判断します。