テクニカル辞典 − オシレータ系データ

ストキャスティクス 【ストキャスティクス】【Stochastics】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

考案者:ジョージ・レーン氏
過去の一定期間の高値・安値に対し、
当日終値がどの位置にあるかを数値化して比較する指標です。

[%K]、[%D]、[%SD]の3本のラインを使い、株価推移を判断します。

一般的には、[%K]と[%D]を使ったクロス判定はFastストキャスティクスと呼ばれ、[%D]と[%SD]を使ったクロス判定はSlowストキャスティクスと呼ばれています。

3本のラインは0%〜100%の範囲で推移します。

[%K]の計算期間は9日がよく用いられます。
[%D]と[%SD]の合計期間は3日がよく用いられます。
[%D]の判定の目安は75%以上で買われ過ぎ、25%以下で売られ過ぎとなります。

■計算方法

([%K]の計算期間を9日、[%D]と[%SD]の合計期間をそれぞれ3日とした場合)

%K = (( C − L9 ) ÷ ( H9 − L9 )) × 100

%D = ( H3 ÷ L3 ) × 100

%SD = %Dの3日移動平均

C = 当日終値

L9 = 過去9日間の最安値

H9 = 過去9日間の最高値

H3 = ( C − L9 ) の3日間合計

L3 = ( H9 − L9 ) の3日間合計

■考え方

シグナル1

[%K]と[%D]が25%以下で、[%K]が[%D]を下から上に突き抜ければ買い。

シグナル2

[%K]と[%D]が75%以上で、[%K]が[%D]を上から下に突き抜ければ売り。

転換点

[%K]と[%D]、または[%D]と[%SD]のクロス。
[%K]と[%D]、または[%D]と[%SD]のクロス。

注意点

1回目のシグナルはダマシである場合が多いと言われています。そのため、2回目以降のシグナルから使う方法が一般的とされています。