テクニカル辞典 − オシレータ系データ

東証1部騰落レシオ 【First Section of TSE updownratio】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

東証1部銘柄で、値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から相場状況を判断する指標です。

■計算方法

【 ([値上がり銘柄数]÷[値下がり銘柄数])×100 】

■考え方

一般的に120%以上は買われ過ぎで、その後反落するケースが多い。逆に80%以下は売られ過ぎで、その後上昇するケースが多い。

70%以下は底値圏の買い場、130%以上は天井圏の売り場となります。