テクニカル辞典 − トレンド系データ

移動平均(MA) 【いどうへいきん】【Moving Average】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

安値と高値の中間価格のこと。

指定期間は、5、25、75日が一般的によく利用されます。

■計算式

単純移動平均(MA) 過去n日間株価合計 ÷ 指定期間
平滑移動平均(EMA)

K = 2 ÷ ( n + 1 )
n = 指定期間
Cn = n − 1日前EMA

1日目の計算
( C1 + C2 + C3 + … + Cn ) ÷ n

2日目以降の計算
EMA = 前日EMA + K ( 当日株価 − 前日EMA )

■考え方

特性

移動平均は、指定期間が短い移動平均ほど株価に早く近付こうとします。 逆に指定期間の長い移動平均ほど株価にゆっくり近付こうとします。

シグナル1

短期移動平均が、長期移動平均を下から上に突き抜ければ買い。
(ゴールデンクロス)

シグナル2

短期移動平均が、長期移動平均を上から下へ突き抜ければ売り。
(デッドクロス)

抵抗線や支持線としての考え方

移動平均は、抵抗線や支持線として使われることが多いです。
移動平均は、株価が近付いてきたときに、抵抗線として株価の上昇を抑えたり、支持線として株価の下落を抑える場合があります。

以下は、実際のチャートで移動平均が抵抗線として機能している例です。

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

@移動平均が抵抗線となって、株価の上昇を抑える場合
A抵抗線となっていた移動平均を、株価が越えてきた場合
B短期移動平均が長期移動平均を下から上に抜いた場合

※Bはゴールデンクロスの形になります。

移動平均は、テクニカル分析の基本となる指標の1つです。
チャートの特徴を素早く掴みたい場合に便利な指標です。