テクニカル辞典 − トレンド系データ

フィボナッチ押し/戻し 【fibonacci_dips_return】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

設定した比率に基づいて、押し目や戻しの株価位置を計算する指標です。

■計算方法

フィボナッチ押し

【 [期間高値]−[(期間高値と期間安値の差)×[押し目比率]] 】

フィボナッチ戻し

【 [期間安値]+[(期間高値と期間安値の差)×[戻し比率]] 】

■設定例

[期間高値(高値)(25日)]1,000円、[期間安値(安値)(25日)]400円のとき

[フィボナッチ押し]で押し比率30%とした場合

【1,000円−((1,000円−400円)×30%)=820円】

[フィボナッチ戻し]で戻し比率30%とした場合

【400円+((1,000円−400円)×30%)=580円】

※下記の設定では、どちらも760円になります。

[フィボナッチ押し]で押し比率40%と設定した場合

【1,000円−((1,000円−400円)×40%)=760円】

[フィボナッチ戻し]で戻し比率60%と設定した場合

【400円+((1,000円−400円)×60%)=760円】

■考え方

相場のトレンドは、行ったり来たりしながら上昇中に押し目が発生したり、下落中に戻しが発生したりします。

フィボナッチ数とは、61.8:38.2の比率を意味し、黄金分割比率とも呼ばれます。
(1:1.618や1:1.382の比率も同様にあてはまります)

この比率を使って計算した株価水準まで到達すると、1つの節目として株価が反転するケースが多いと考えられています。
([フィボナッチ押し/戻し]の指標では、比率は自由に設定できます)