テクニカル辞典 − トレンド系データ

一目均衡表 【いちもくきんこうひょう】

↑クリックすると画像が大きく表示されます。

下記5つをローソク足チャートに表示したものを一目均衡表と言います。

■計算方法

転換線

( 過去9日間最高値 + 過去9日間最安値 ) ÷ 2

基準線

( 過去26日間最高値 + 過去26日間最安値 ) ÷ 2

先行スパン1

(( 転換線 + 基準線 ) ÷ 2 )を、26日未来(当日含む)に記したもの

先行スパン2

(( 過去52日間最高値 + 過去52日間最安値 ) ÷ 2)を、26日未来(当日含む)に記したもの

遅行スパン

当日終値を、26日過去(当日含む)に記したもの

※遅行スパンはチャート上には表示することが可能です。
ただ26日未来の終値は現時点では未確定であるため、仕掛けや手仕舞いの条件パレットでは設定できませんのでご注意ください。

■考え方

シグナル1

転換線が基準線を上回れば買い、下回れば売り

シグナル2

基準線が上向けば買い、下向けば売り

雲(抵抗帯)の考え方

先行スパンAと先行スパンBの間に挟まれたゾーンを雲と呼びます。
現在の株価が雲より上にあれば、雲が下値支持帯、
現在の株価が雲より下にあれば、雲が上値抵抗帯と考えます。
この雲の厚みが抵抗力の強弱を表します。

遅行スパンとローソク足の考え方

遅行スパンと当時(26日前)の日々線を比較します。
遅行スパンが当時の日々線を上回っていれば買い相場と考えます。
逆に下回っていれば売り相場と考えます。

転換点

転換線と基準線のクロス。
ローソク足と転換線のクロス。
先行スパンAと先行スパンBのクロス。