FAQお問い合わせサポート

TOP売買ルール検証手順製品情報サポート体制トライアル版実践セミナー購入売買ルール
DownloadチュートリアルマニュアルFAQテクニカル辞典旧Verサポート
 最適分散投資の設定

以下の売買ルールについて、バックテストを実行します。
そしてバックテスト検証結果について、資金を考慮した場合の検証を行います。

<仕掛け条件>
【条件パレット】:『「終値」が「15日移動平均(終値)(-10%)」より「小さい(同じ含む)」』
【執行パレット】:『翌日寄付で買い』

<手仕舞い条件>
【条件パレット】:『+5%で利益確定』・『-5%で損切り』・『10日経過で手仕舞い』
【執行パレット】:『翌日寄付で手仕舞い』

手順
【最適分散投資】を押します。

※バックテストを実行した後でなければ、選択出来ません。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

【設定の初期化】を押します。




最適分散投資の設定確認

※初期設定のままで構いません。


運用設定

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

設定は次の通りです。

【検証期間】:全期間
【運用方法】:単利運用・通年
【手数料の設定】:無し


資金設定

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

単利運用、初期資金500万円、市場投入最大金額は総資金の75%。、
総資金の25%を、損失発生時に予備資金として使うという設定です。

1日の最大投入金額は、市場投入最大金額の75%です。
(つまり1日の最大投資金額は、総資金の「75% × 75%」となります)
1銘柄あたりの投入額は、75万円〜25万円の範囲で最下限金額を投入します。


優先順設定

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

同日に、複数の銘柄で仕掛けシグナルが発生した場合、仕掛けシグナルの優先順は、
「15日間移動平均乖離率」の「小さい順」と設定されています。

■注意事項:

【優先順設定】は、数学的に数値が小さいか大きいかで判断します。




仮に「小さい順」とした場合、数値が小さい方から大きい方へ優先順がつきます。


フィルタ設定

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

フィルタ設定は、仕掛けシグナルによって、仕掛けを行うかどうかを判定する機能です。
例:『「仕掛け銘柄数」が「仕掛け銘柄数55日間平均の2倍」より大きい場合に仕掛ける』


最適分散投資の実行

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

最適分散投資を実行します。


最適分散投資が開始されます。




最適分散投資が終了すると結果概要が表示されます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

チュートリアル−基本的な操作手順 目次