FAQお問い合わせサポート

TOP売買ルール検証手順製品情報サポート体制トライアル版実践セミナー購入売買ルール
DownloadチュートリアルマニュアルFAQテクニカル辞典旧Verサポート
 イザナミの裏技
イザナミの裏技をご紹介します。
設定ファイルを操作しますので、PC操作の腕に覚えのある方のみチャレンジしてみてください。

万が一イザナミの動作が不安定になることがありましたらもとに戻せるよう、バックアップを取りながら操作をお願いいたします。
裏技のために編集する設定ファイルについて
ご利用PCのドキュメント内にある「イザナミ(v2)」フォルダの「設定データ」フォルダにある「イザナミ(v2).dat」が編集するファイルになります。

保存先を変更している場合は、変更した場所に「イザナミ(v2)」フォルダが保存されています。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
フォルダの保存先は、下記画像のようにイザナミ上で確認することができます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
破損するとイザナミが正常に動作しなくなる可能性がありますので、編集する前にバックアップをとっておいて下さい。

設定ファイルを調整する際には、他の設定を変更させてしまわない様に十分にご注意ください。
最適分散投資の計算限界を超える
シグナルが多く、資金量の多い設定で最適分散投資の検証を行うと
「最適分散投資の計算途中に計算限界が発生していますのでご注意下さい」と表示されることがあります。

最適分散投資の計算途中に計算限界が発生する現象につきましては、下記の最大値条件に達した場合に発生する仕組みとなっております。

・1銘柄で25億株以上を扱おうとした場合
・1銘柄で50億円以上を扱おうとした場合
・総資金が250億円以上になった場合
・保有中銘柄と新規仕掛けシグナル数が、15,000以上になった場合

(シグナル数は、最適分散投資「フィルタ設定」で抽出されたシグナル数ではなく、検証処理の段階のシグナル数となりますのでご注意ください)

このうち「保有中銘柄と新規仕掛けシグナル数が、15,000以上になった場合」の「15,000」の部分の数値を変更して、計算限界を超えるための方法です。
optringmaxの数値を調整します
イザナミが起動していたら終了します。

イザナミ(v2).datをメモ帳で開いて、「optringmax」という文字で検索し、下記画像のように数値を15000から任意の数値(最大50000)に増やします。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
保存してメモ帳を終了し、イザナミを起動します。
使用メモリ量が増加しますので、別の問題が発生した場合は上記の数値を15000に戻して下さい。

イザナミのフォントサイズを変更する
イザナミのフォントサイズを調整できます。

無理なサイズに変更するとイザナミの表示がおかしくなりますのでご注意下さい。
FontMdlSize/FontSmlSizeの数値を調整します
イザナミが起動していたら終了します。

イザナミ(v2).datをメモ帳で開いて、「FontMdlSize」という文字で検索すると、

・503行あたりにFontMdlSize=110

・504行あたりにFontSmlSize=90

が見つかります。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
文字サイズを小さくする場合は

・FontMdlSize=95

・FontSmlSize=75

に調整してからCtrl+Sキーで保存します。

イザナミを起動すると、フォントがすこし小さくなります。

これでも大きい場合は

・FontMdlSize=90

・FontSmlSize=70

というように数字を小さくすると、どんどんフォントサイズが小さくなります。
逆に数値を大きくするとフォントサイズが大きくなります。

株価データのカレンダーを拡張する
イザナミは2000年から最新の株価データの日付までの範囲で検証が行われるため、
分足データ等をインポートして長期間の検証を行いたくても、取り込める足量に限界があります。

この裏技で株価データのカレンダーを拡張することによって取り込める足の限界を増やし、長期間の検証が可能となります。
canExpansionの数値を調整します
イザナミが起動していたら終了します。

イザナミ(v2).datをメモ帳で開いて、「canExpansion」という文字で検索し、カレンダーを拡張する数値を入力して下さい。(最大10000)
編集したらCtrl+Sキーで保存します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
イザナミを起動するとカレンダーが拡張されているのが確認できます。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
不必要に長くカレンダーを拡張すると検証時間が無駄に長くなりますので、必要量だけ拡張すると効果的です。

検証が終わったら元に戻す!
検証作業が終了したらcanExpansion=0に戻すのを忘れないようにしてください。

そのままにしておくとイザナミの株価データの更新で問題が発生する場合があります。

株価データに異常が発生したら、メニューのファイル>株価データの初期化をお試し下さい。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。