FAQお問い合わせサポート
TOP売買ルール検証手順製品情報サポート体制トライアル版実践セミナー購入売買ルール
DownloadチュートリアルマニュアルFAQテクニカル辞典旧Verサポート
 外部の株式投資データ(KABU+)を利用して検証する
KABU+ (他社サービス)のデータを取り込むことで
イザナミでは標準対応していない決算・財務・業績データ等のデータを利用して検証を行う事が可能です。
事前準備
事前にKABU+のサービスに関する以下の準備が必要です。
・KABU+のStandaardプラン もしくは Proプランへの登録
・CSVEXの共有フォルダ(WebDAV)機能の設定
・一括同期ツールの設定
KABU+のStandaardプラン もしくは Proプランへの登録
KABU+の会員制サービス 会員登録ページより、会員登録を行って下さい。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
Standaardプラン もしくは Proプランでご登録下さい。

登録手順についての不明点はKABU+の問い合わせ窓口(contact@zerobyte.jp)までご連絡下さい。
CSVEXの共有フォルダ(WebDAV)機能の設定
KABU+提供データにアクセスするための設定です。

CSVEXのHPへ移動し、「接続ツール(Win)」をクリックします。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
ログインダイアログがでますので、KABU+のアカウント情報を入力します。
↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
するとwebdav_setup.zipというファイルがダウンロードされます。

その後の設定方法については公式の接続手順PDFをご覧ください。
一括同期ツールの設定
イザナミからCSVEXの共有フォルダ(WebDAV)上のファイルを直接読み込むと動作が重くなるなどの問題が発生しますので、
一括同期ツールを使ってPCの別フォルダにファイルをコピーし、そちらのデータをイザナミで指定するようにします。

CSVEXのHPへ移動し、「一括同期ツール(Win)」をクリックします。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
ログインダイアログがでますので、KABU+のアカウント情報を入力します。
↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
すると「webdav_sync.zip」というファイルがダウンロードされます。
ファイルをダブルクリックして中身を参照すると「webdav_sync_manual_win.pdf」という説明ファイルがございますので、こちらを参照して設定を行って下さい。
KABU+データの概要とフォルダ解説
KABU+で提供されるデータ概要とファイルの情報です。

データ内容 データの場所
信用取引残高データ

信用買残高・信用買残高 前週比・信用売残高・信用売残高 前週比・貸借倍率
\japan-all-stock-margin-transactions\weekly
決算・財務・業績データ

決算期・決算発表日(本決算)・売上高(百万円)・営業利益(百万円)・経常利益(百万円)・当期利益(百万円)・総資産(百万円)自己資本(百万円)・資本金(百万円)・有利子負債(百万円)・自己資本比率・ ROE・ ROA・発行済株式数
\japan-all-stock-financial-results\monthly
株価一覧表(新フォーマット)

四本値(始値・終値・高値・安値)・前日比・前日終値・出来高・売買代金・時価総額・制限値幅 VWAP・出来高率・年初来高値・安値・年初来日付・年初来乖離率
\japan-all-stock-prices-2\daily
日証金 逆日歩データ

貸借申込日・決済日・貸借値段・貸株超過数・最高料率(1日・円) ・品貸料率(円)・品貸料率(%)・品貸日数・前日料率(1日・円)
\jsf-gyakuhibu-data\daily
日証金 融資・貸株残高データ

申込日・融資新規(株・口)・融資返済(株・口)・融資残高(株・口)・貸株新規(株・口)・貸株返済(株・口)・貸株残高(株・口) 差引残高(株・口)・差引前日比(株・口)
\jsf-balance-data\daily
銘柄基本データ

浮動株利率・少数特定者持株数比率・投資信託持株数比率・外国人持株数比率
\japan-all-stock-information\monthly\shareholding-ratio_*.csv
銘柄基本データ

上場年月
\japan-all-stock-information\monthly\listing-date_*.csv
投資指標データ

時価総額(百万円)・発行済株式数・配当利回り・1株配当・PER・PBR・EPS・BPS・最低購入金額・単元株数・高値日付・年初来高値・安値日付・年初来安値
\japan-all-stock-data\daily


データ内容の詳細についてはKABU+の問い合わせ窓口(contact@zerobyte.jp)までご連絡下さい。
イザナミでの設定方法
オプション設定で「環境データで拡張モードを使用する(上級者向け)」をONにします
イザナミを起動してすぐのオプション設定です。
↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
拡張モードの詳細については、環境データの解説をご覧ください。

バックテストで環境データを有効にします。
バックテスト「オプション」で「環境データを作る」をONにします。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
環境データの詳細についてはマニュアル「環境データの使い方」をご覧ください。
環境データを追加し、ファイルを選択ボタンをクリックします

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
環境データ指定ダイアログに必要情報を入力します

一番下の「拡張モード」にチェックを入れ、以下のように設定します。

項目 データ
分類 銘柄別
時系列 日別
指定〜最終日で範囲指定 チェック
データの区切り カンマ
データの開始行 1
データなし時の扱い 指標計算不可


↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
読み込むCSVデータをまとめて選択します

KABU+のCSVファイルをShiftキー押しながら複数選択します。
※ファイル名に日付のついてるもののみが対象となります

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
正しく読み込めているか確認します
「環境データの表示」ボタンをクリックします。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
レポート表示ダイアログで「非対応の銘柄がありました。」と大量に表示されますが、
イザナミで対応していない銘柄が見つかっただけのレポートですので、無視して問題ありません。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
銘柄を選んで、データが表示されれば成功です。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
サンプル売買ルール
決算発表後に大幅下落した銘柄を狙う戦略
環境データで「決算・財務・業績」という名称のデータを作り、KABU+データの「japan-all-stock-financial-results」フォルダの「monthly」フォルダの中にある日付のついたファイル名をまとめて指定します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。 ↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
売買ルールで以下のルールを作成します。

■仕掛け
・検証期間は2017/01/04〜(KABU+提供データの日付に合わせます)
・過去5日間に[決算・財務・業績(決算発表日(本決算))]が[決算・財務・業績(決算発表日(本決算))(1日前)]と異なる日が1日以上存在する
・終値が15日移動平均-20%より小さい
・翌日寄付で買いを仕掛ける

■手仕舞い
・10日経過で翌日寄付手仕舞い
・+5%以上の利益で翌日寄付手仕舞い
・ー5%以上の損失で翌日寄付手仕舞い

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。 ↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
外国人比率が上がったら買い、下がったら売り戦略
環境データで「浮動株比率等」という名称のデータを作り、KABU+データの「japan-all-stock-information」フォルダの「monthly」フォルダの中にある日付のついたshareholding-ratio_*.csvファイルのみを選択します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。 ↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
売買ルールで以下のルールを作成します。

■仕掛け
・検証期間は2017/01/04〜(KABU+提供データの日付に合わせます)
・浮動株比率等(外国人持株数比率)が60より大きい
・浮動株比率等(外国人持株数比率)が浮動株比率等(外国人持株数比率)(1日前)より大きい
・翌日寄付で買いを仕掛ける

■手仕舞い
・浮動株比率等(外国人持株数比率)が浮動株比率等(外国人持株数比率)(1日前)より小さいなら翌日寄付手仕舞い

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。 ↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
【裏技】環境データのフォルダ指定
環境データ指定ダイアログでOKボタンをクリックするときにCtrlキーを押しながらクリックするとファイルではなくフォルダを指定するモードになります。

指定したフォルダの中の拡張子がCSVで、かつファイル名に日付がついているものだけを自動で読み込むようになります。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。 ↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
KABU+でファイルが追加されたとき、再度環境データのファイル指定を行わなくてもよくなるので、日々のシグナル出し時に便利です。

ただし、浮動株比率等のデータが入っている「japan-all-stock-information\monthly」フォルダのように別系統のデータが混在しているフォルダを指定すると間違ったデータ内容で読み込んでしまいますので、利用しないようにご注意下さい。