FAQお問い合わせサポート
TOP売買ルール検証手順製品情報サポート体制トライアル版実践セミナー購入売買ルール
DownloadチュートリアルマニュアルFAQテクニカル辞典旧Verサポート
 お知らせ画面
株価データの更新状況や弊社からのお知らせが表示される画面です。
イザナミを起動すると、最初にこの画面が表示されます。
画面構成
↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
インフォメーション部
株価データの更新状況や弊社からのお知らせが表示されます。
通常のブラウザ機能(IE)を利用して、インターネットに接続されます。
ボタン機能
インポート設定
時系列データのCSVファイルを用意し、ここから読み込むことで、
イザナミで標準対応していない銘柄も検証可能となります。


詳細は外部データを読み込んで検証する方法(インポート設定)をご覧ください。

オプション設定

各設定をONにすることで、各オプション機能が有効になります。

「設定」

項目 内容
初期設定にする 上記の設定を初期状態に戻します。

「機能設定」


■バックテスト機能(上級者向け)
項目 内容
ファイルに保存している
検証結果を使用する
(上級者向け)
バックテストでより高速処理するための機能です。

バックテスト基本設定で、
次の2つの検証結果の差分だけ検証します。

・前回保存した検証結果ファイル
・今回バックテストを実行する設定ファイル

※前回保存したファイルのチェックは行わないため、今回と前回のファイル設定に変更がある場合、検証結果が正確では無くなる恐れがありますのでご利用の際はご注意ください。
執行方法の選択の
指定値で強制約定
させる機能を有効にする
(上級者向け)
「当日指定値」の執行パレットで、
約定価格を自由に指定出来る機能です。

約定価格が自由に指定出来ることで、「もしこの価格で約定したら」等の検証が出来ます。

使い方次第では100%勝てる売買ルールが作れる等、意図せず都合の良過ぎる設定を作ってしまう可能性がありますのでご注意ください。

執行パレットで「当日指定値」を使う場合、その執行パレットの前に、指定した価格に到達する条件が入った条件パレットを設定してください。

※バックテスト「基本設定」にある「Stop高/Stop安で取引ができない場合を考慮に入れる。」をONにしていた場合は、「当日指定値」の執行パレットを使用していても、Stop判定が優先されますのでご注意ください。
検証結果からバックテスト設定を読み込む際に、
最適分散投資設定も読み込む
このチェックをONにすると、バックテストにて「設定の読み込み(検証結果)」ボタンを選択した時、バックテスト設定のみではなく最適分散投資設定も読み込まれます。


■結果概要表示(バックテスト)
項目 内容
結果概要表示に、
仕掛けパレット情報を表示する
バックテストの結果概要表示に、
「パレット情報」を追加する機能です。

仕掛けパレット毎の詳細を確認出来ます。


■結果概要表示(最適分散投資)
項目 内容
結果概要表示に、
仕掛けパレット情報を表示する
最適分散投資の結果概要表示に、
「パレット情報」を追加する機能です。

仕掛けパレット毎の詳細を確認出来ます。
株数を表示する場合は、買い+表示、
売り−表示にする
結果概要表示の株数を+/−付きで表示します。
買い戦略と売り戦略の同時運用の際に便利です。


■未来指標(上級者向け)
項目 内容
翌日始値/翌日安値/翌日高値/翌日終値を使用する
(上級者向け)
条件パレットで次の4つの設定が可能になります。

・翌日始値
・翌日安値
・翌日高値
・翌日終値

※未来指標は、現実には前もって知ることの出来ない未来情報を利用するため、実運用は出来ません。
あくまで検証用の指標としてご利用ください。


「証拠金取引設定」


銘柄および証拠金の設定を、ご利用の環境に合わせて変更してください。

他の設定は、基本的に初期設定のままでご利用頂けます。

項目 内容
銘柄 対象商品を選択します。
出来高は管理しない 出来高情報を使用しない場合はONにします。
小数点以下の桁数 小数点以下の桁数を指定します。
(例:「123.45」という値の場合、「2」と入力します。)
1Tickの値幅 呼び値の幅を指定します。
(例:「0.01」単位の増減の場合、「0.01」と入力します。)
倍率 1取引単位を入力します。
証拠金 1取引単位の証拠金(保証金)を入力します。


「その他」


項目 内容
バックテストの終了で音を鳴らす 音のON/OFF機能です。
最適分散投資の終了で音を鳴らす 音のON/OFF機能です。
音ファイル wav形式のファイルを指定します。
「鳴らす」ボタン 音ファイルを再生します。
正しく再生されるか確認します。


詳細は、こちらの解説をご覧ください。

バックテスト/最適分散投資終了時に音を鳴らす方法

開始
バックテストを開始します。
クリックすると銘柄一覧画面へ移動します。

ファイル

株価データの仮想インストール
1日分の株価データのCSVファイルを仮想的にインストールする機能です。
(イザナミを再起動すると、仮想インストール前の株価データに戻ります)

当日場中の株価データを使い、引け前にシグナルを出すといったことが可能です。

読み込む株価データ(CSV)のフォーマットについて
以下の情報が必要となります。

内容 詳細
銘柄コード 日本の上場企業を識別するための4桁の数字のこと
市場コード 東証/マザーズ:「 t 」
ジャスダック :「 q 」
始値 立会時間中に、最初に取引された株価のこと
高値 立会時間中に、取引された中で最も高い株価のこと
安値 立会時間中に、取引された中で最も安い株価のこと
終値 立会時間中に、最後に取引された株価のこと
出来高 取引所で売買契約が成立した量のこと


CSVファイルの設定項目は読み込み時に指定するので、上記の順番でなくて構いません。

※株価データの入手方法について
当日場中の株価データは、弊社ではご提供しておりません。
お手数ですが、ご自身でご用意くださいますようお願いします。

仮想インストール方法の詳細はこちらをご参照ください。

株価データのインポート手順について
1. 「ファイル」→「株価データの仮想インストール」を選択します。
2. 「ファイル選択」ダイアログが立ち上がるので、用意したCSVを指定します。
3. 「株価データ仮想インストール設定」ダイアログが立ち上がります。

4. 「データの区切り」では、
メモ帳等でファイルを開いた時の「データの区切り」を指定します。

※通常は「カンマ」指定です。
5. 「データの横方向の並び順」では、
CSVファイル内のデータの並び順に合わせてデータ名を移動します。

Excelで開くと以下のようなデータの並び順になるファイルの場合、
上記の画面ようにデータの並び順を変更します。
-------------------------------
A列:銘柄コード
B列:市場コード
C列:始値
D列:高値
E列:安値
F列:終値
G列:出来高
-------------------------------
6. 「OK」をクリックします。


株価データの検査
インストールしている株価データに異常が無いか検査します。

株価データの初期化
株価データを、イザナミをインストールした時点の状態にします。
株価データの更新が、正常に行われ無くなった場合に利用します。
設定データの保存先指定
イザナミの設定データの保存先を、任意の場所に指定します。



通常は、マイドキュメント内に保存されます。
外部HDD等にデータを移行する場合は、「マイドキュメント上に保存」のチェックを外し、新しい保存先を指定して「OK」をクリックします。
関連リンク