FAQお問い合わせサポート
TOP売買ルール検証手順製品情報サポート体制トライアル版実践セミナー購入売買ルール
DownloadチュートリアルマニュアルFAQテクニカル辞典旧Verサポート
 コマンドライン指定で検証を自動化
イザナミを指定の引数をつけたコマンドラインで起動することによって検証を自動化することができます。

コマンドラインで動作させるには、コマンドプロンプト(DOS窓)から実行、またはバッチファイル(*.bat)に記述して実行する方法があります。
詳しくはリンク先の解説をご覧ください。

コマンドラインの理解が難しい場合は、ワンクリック一括修正支援ツールの利用もご検討下さい。
エクセルで必要な情報を入力し「イザナミでシグナル出し」ボタンを押すことで、ここで解説している機能を利用して自動検証を行うことが可能です。
コマンド表
izaneo.exeの後ろに記述するコマンドです。
izaneo.exeは通常「c:\C:\Program Files (x86)\izaneo」フォルダ、もしくは「c:\C:\Program Files\izaneo」にインストールされています。

コマンド 機能説明/構文
/run バックテストと最適分散投資を実行し、検証結果CSVを指定フォルダに出力します。

■構文
izaneo.exe /run
<バックテスト設定ファイル(*.str)>
<最適分散投資設定ファイル(*.opt)>
<出力先フォルダ>
[オプション:出力CSV指定]
/check 指定日以降の株価が存在する場合のみ実行します。
※/runと併用して利用します

■構文
/check <日付YYYYMMDD>
/savgrp 検証結果を保存する保存グループ名を指定します。保存グループ名が存在しない場合自動的に作成されます。

この指定がない場合検証結果は保存されません。

このオプションではディスクの空き容量のチェックは行いませんので、イザナミの設定データフォルダのあるドライブに十分な空き容量があることを確認の上ご利用下さい。
※/runと併用して利用します

■構文
/savgrp <保存グループ名>
/stp 最適分散投資で利用する仕掛け禁止リスト(*.stp)を指定します。
※/runと併用して利用します

■構文
/stp <仕掛け禁止銘柄リスト(*.stp)>
/vi 株価データの仮想インストールを行います。
※/runと併用して利用します

■構文
/vi <csvファイル(*.csv)>


バッチファイル例
仕掛け禁止リストも別途指定して
「 c:\output\<戦略名>\<日付>」フォルダに最終日シグナルだけ出力の例
rem 日付定義
Set DATEYMD=%date:~-10,4%%date:~-5,2%%date:~-2,2%

rem 順張り1のシグナル出し
mkdir c:\output\順張り1\%DATEYMD%
"C:\Program Files (x86)\izaneo\izaneo.exe" /run c:\戦略\順張り1.str c:\戦略\順張り1.opt c:\output\順張り1\%DATEYMD% 000000001 /check %DATEYMD% /stp c:\戦略\順張り用.stp

rem 順張り2のシグナル出し
mkdir c:\output\順張り2\%DATEYMD%
"C:\Program Files (x86)\izaneo\izaneo.exe" /run c:\戦略\順張り2.str c:\戦略\順張り2.opt c:\output\順張り2\%DATEYMD% 000000001 /check %DATEYMD% /stp c:\戦略\順張り用.stp
・・・
※この例だと何かしら株価データの更新で失敗したら、シグナル出しは行われません。
解説 /run
バックテスト&最適分散投資を実行して検証結果CSVを出力します。

izaneo.exe /run
<バックテスト設定ファイル(*.str)>
<最適分散投資設定ファイル(*.opt)>
<出力先フォルダ>
[オプション:出力CSV指定]
例)
izaneo.exe /run test1.str test2.opt c:\output 000000001
test1.strとtest2.optで検証した結果をc:\outputに出力します。
サーバー上に最新の株価データがあれば受信してから検証をします。
オプション:出力CSV指定
9桁の数字で出力する情報を指定します。
1にしたタブのCSVを出力します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。 3桁目は出力するCSVが無いので無視しています。
このオプションの指定がない場合111100001として処理されます。
解説 /check
株価データチェック指定です。指定日以降の株価が存在する場合のみ実行します。
※/runと併用時のみ有効です。

/check <日付YYYYMMDD>
例)
izaneo.exe /run ... /check 20150401
2015/4/1以降(4/1含む)の株価がなかったら何もしないで終了します。
解説 /savgrp
検証結果を保存する保存グループ名を指定します。この指定がない場合検証結果は保存されません。
※/runと併用時のみ有効です。

/savgrp <保存グループ名>

例)
izaneo.exe /run ... /savgrp 自動保存グループ
保存グループ名が存在しない場合自動的に作成されます。

このオプションではディスクの空き容量のチェックは行いませんので、イザナミの設定データ保存先のあるドライブ(標準ではCドライブ)に十分な空き容量があることを確認の上ご利用下さい。
設定内容にもよりますが1つの検証結果を保存すると100-200MByte以上の容量を使用します。
解説 /stp
最適分散投資で利用する仕掛け禁止銘柄リスト(*stp)を指定します。
※/runと併用時のみ有効です。

/stp <仕掛け禁止銘柄リスト(*.stp)>
例)
izaneo.exe /run ... /stp d:\仕掛け禁止銘柄リスト.stp
最適分散投資ファイル(*.opt)を読み込んだ後、仕掛け禁止銘柄リスト.stpを読み込んでから検証を行います。
解説 仕掛け禁止銘柄リスト(*.stp)の作り方
最適分散投資の仕掛け禁止銘柄タブから保存します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。
解説 /vi
株価データの仮想インストールを行いつつ検証します。
(/runと併用時のみ有効)

/vi <csvファイル(*.csv)>
例)
izaneo.exe /run ... /vi d:\zaraba.csv
こちらの例ではd:\zaraba.csvを最新日付の株価データとして読み込んで検証します。
ザラ場の四本値+出来高データを利用したシグナル出しを行う場合に利用します。

「株価データの仮想インストール」の詳細についてはこちらの解説をご覧ください。