FAQお問い合わせサポート

TOP売買ルール検証手順製品情報サポート体制トライアル版実践セミナー購入売買ルール
DownloadチュートリアルマニュアルFAQテクニカル辞典旧Verサポート
 動画:条件に一致した後、次の条件に一致するまで待つ設定
条件に一致した後、次の条件に一致するまで待つというサンプル設定ルールです。

この動画では「25日間移動平均乖離率-20%をつけてから-15%を超えた銘柄に仕掛ける」という設定を行っています。

「待機」パレットと「NOPパレット」を使用して次の条件になるのを待つ設定を入れます。

※「待機」パレットは、条件に一致した後、次の条件に一致するまで待つパレットとなります。
「待機」パレットを使用して複雑な条件であったり、待機日数が長くなるような条件の設定を行う場合、現実には取引できないような売買ルールの条件設定となっていないかどうかについて、「チャート」や「取引推移」を使って十分にご確認ください。

チャート上で取引の詳細を確認するには、バックテストを実行後、「結果概要表示」「取引一覧」で取引の行をダブルクリックし、「取引推移」や「チャート」を選択することで確認できます。

「NOP」パレットについては、何もしないパレットになります。
LOOP条件で、矢印を繋げるために隙間を埋める場合等に利用するパレットとなり、パレットの空白部分を埋めるための矢印のようなパレットとお考えください。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。


画面を大きくして再生するにはYoutubeの全画面モードをご利用ください。