相関情報の使い方

バージョン 2.1.00より対応

相関情報とは、指定データとの類似性を相関係数を使って判定する機能です。

「チャートの波形を描き、その波形に近い値動きの銘柄に仕掛ける」等、直感的なイメージをそのまま売買ルールに組み込むことが可能です。

相関情報の概要

相関情報を有効にする手順

画面説明

設定画面

売買ルールの「仕掛け/手仕舞いの条件」への利用方法

サンプル設定

関連リンク

相関情報の概要

相関情報とは、相関係数を使ってデータの波形が似ているかを判定する機能です。
相関係数は「+1.00〜-1.00」の範囲の数字で表されます。

相関がある(似ている)場合、数値は「+1.00」に近付きます。
相関がない(似ていない)場合、数値は「0」に近付きます。
逆相関がある(真逆の形)場合、数値は「-1.00」に近付きます。

日経平均や関連銘柄の移動平均等、様々な波形と似た値動きの銘柄を探せます。

相関情報を有効にする手順

バックテスト「オプション設定」「相関情報を作る」をONにします。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

画面説明

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

項目 詳細
読み込み 相関情報ルール(.cor)のみを読み込みます。

バックテスト全体の設定ファイルから読み込む場合、
「設定の読み込み(ファイル)」をクリックします。
保存 相関情報ルール(.cor)のみファイルに保存します。

バックテスト全体の設定ファイルを保存する場合、
「設定の保存」をクリックします。
上移動 選択する相関情報を1つ上に移動します。
下移動 選択する相関情報を1つ下に移動します。
相関情報リスト
リスト
相関情報の一覧です。
ダブルクリックで名称変更が可能です。
追加 相関情報を新規追加します。
コピー 選択する相関情報をコピーします。
削除 選択する相関情報を削除します。

ショートカットキー

キーボードでの操作方法です。

キー 詳細
Deleteキー 選択する相関情報を削除します。

設定画面

「指定銘柄との相関」

任意の銘柄との相関情報を作成します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

種別 詳細
相関を取る銘柄 相関を取る銘柄を指定します。
相関を取る指標 波形データの相関を取る指標を設定します。

「指定波形との相関」

入力した波形との相関情報を作成します。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

「相関を取る指標」

 波形データの相関を取る指標を設定します。

「波形編集ドロップダウンリスト」

 波形エディターの編集機能を切り替えます。

種別 詳細
ポイントを追加 左クリックでポイントを追加します。
ポイントを編集 ポイントの追加/移動/削除が可能な基本スタイルです。

左クリックでポイントを選択し、ドラッグ&ドロップでポイントを移動します。

右クリックでポイントを新規追加します。

ポイントを選択し、キーボードの「Deleteキー」で、ポイントが削除されます。
ポイントを削除 ポイントを選択し、「実行」でポイントが削除します。
その他の動作は「ポイントを編集」と同じです。
波形の左右反転 「実行」すると、波形を左右反転します。
波形の上下反転 「実行」すると、波形を上下反転します。
波形の初期化 「実行」すると、波形エディターを初期状態に戻します。
波形のインポート 「実行」すると、CSVで作成した波形データを読み込みます。

「相関コンバートライン」

「こういう波形のこの位置の指標」というデータを作成する線です。売買ルールの条件パレットで使います。線の追加/編集/削除方法は、波形エディター上のポイントと同じです。「波形編集ドロップダウンリスト」をご参照ください。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

「波形エディター」

 ポイントを追加/編集し、波形を作成する場所です。
 操作方法は「波形編集ドロップダウンリスト」をご参照ください。

「波形のインポート詳細」

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

「データの区切り」

 メモ帳等でCSVを開いたとき、データの区切りとなる文字を選択します。

項目 詳細
カンマ 通常、Excelで出力したデータはカンマです。
タブ 区切りがタブのとき指定します。
スペース 区切りがスペースのとき指定します。

「データの並び順」

項目 詳細
若い順 波形エディタ右側からのデータの場合、若い順を選択します。
古い順 波形エディタ左側からのデータの場合、古い順を選択します。

「データの列」

 EXCEL上で、A列にデータがある場合、「1」を指定します。
 B列にデータがある場合、「2」を指定します。

「データの開始行」

 データの開始行を指定します。
 先頭から始まっている場合、「1」を指定します。

「インポートするデータ件数」

 データ件数を入力します。データの数値に制限はありません。
 最大値は「+1.00」、最小値は「0.00」となります。
 インポートするCSVは、次のように作成します。

売買ルールの仕掛けや手仕舞い条件への利用方法

売買ルールの仕掛けや手仕舞い条件に組み入れる場合、条件パレット「選択」「特殊データ」で「相関情報」を選択します。

そして「固定値」「+1.00〜-1.00」の数値を入力することで、相関情報を売買ルールに組み入れることができます。

※相関情報で設定した波形の対象期間は、「売買ルールを作る」「仕掛け/手仕舞い条件」「条件パレット」の中で設定します。「相関情報を作る」の中では、設定出来ませんのでご注意ください。

↑ クリックすると画像が別ウインドウで開き、拡大表示できます。

サンプル設定

関連リンク

スクロール